◆ファイナンシャルプランナー(FP)とはいったい何か?

最近、テレビのCMやお金をテーマにしている書物で良く耳にすることが多くなったFPですが、皆さんはFPと聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか。
「暮らしに関するお金についてアドバイスする人達」
「何となく投資とかに詳しそう。おすすめの株提案してくれないかな..」
「何が専門だかいまいち分かりにくい。なんだか胡散臭いし、怪しい..」
「FP資格があれば金融機関や保険会社の就職に有利かも..」等々。
良くも悪くも漠然としたイメージをお持ちではないでしょうか。
実際のところ、そのイメージは半分正解で半分間違っていると言えるかもしれません。

 

 

 

FPと言っても資格制度の基でのFP技能士でなくてもFPを名乗る事が出来ます。私はFPですと言えばFPなんです。例えば弁護士や税理士が資格も無い
のにその名称を名乗ったり、弁護士や税理士しか出来ない仕事を受けて業務にあたると処罰されます。(当たり前ですが..)
ことFPの場合は決して法律違反である訳でも、倫理的に悪いことをしている訳でもありません。これはFPが独占業務がないという理由から来ています。とは言
ってもAFPやCFP、ファイナンシャルプランニング技能士については自由に名乗ることが出来ません。

 

技能検定上のFPには実施機関が二団体ありAFP、CFP、ファイナンシャルプランニング技能士は各団体の名称独占となっているからです。
ここがFPのややこしいところです。詳しくは後述する第一章、第二章を通じてご説明していきます。また、FPと一口に言っても各々のFPが置かれている環境や
仕事内容によって全く異なる対応であることを知って頂くことでFPに対する見識が広がると思います。◆

 

ファイナンシャルプランナーに資産相談してますか?

資産を運用するために不動産投資家賃貸経営を始めようと思った人が結構います。

ただそれを一人でやろうと思うと失敗します。
というのもこのような資産運用は1年2年の単位ではなく、年や20年といった長い年月を見て行う必要があるからです。ただ一般的な人が予測できる未来はだいたい2年ほどと言われています。だからお金に関する知識が乏しい人がこのような長期的な事業を運用するとなると失敗することが多いんです。このような大きな資産で失敗してしまうと借金で首が回らなくなってしまったり、ひもじい生活を送ることが考えられます。
そのようなリスクを少しでも抑えるためにお金のプロ、
ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。

 

資産相談してライフプランを明確にする

上記のような事業を運用する人は老後資産が不安だからという人も多いでしょう。
だからこそ自分の理想的なライフプラン(人生計画)を作成する必要があります。
ファイナンシャルプランナーに相談することで今現在どのくらい自分は資産があるのか今後どのくらい資産が残るのかというようなことがわかります。スルト実はそこまで老後の心配はする必要がないという人も出てきます。
事前にそういうことが分かっていれば、わざわざ危険なリスクを犯して大金を運用する必要もありません。
またこのような投資は基本的には余剰資産で行うものです。ファイナンシャルプランナーに相談してライフプランが見えてくればどのくらい余剰資産があるのかといったこともわかってきます。それによって本当に不動産投資家や賃貸経営をすべきかといったことも分かってくるでしょう。
投資はあくまで投資です。成功すれば嬉しいですが失敗することだってあります。
資産運用を成功という観点だけで考えてその後の人生プランを組んでしまったら取り返しのつかない事になることもあるでしょう。失敗したら後で大きなトラブルに見舞われたり大胆な軌道修正を迫られることもあります。だから自分のライフプランをしっかりと設計してその上で本当に資産の運用すべきかといったことを考えることが必要です。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット(1):資産相談ができる

私にぴったりの資産運用が見つかる。
ファイナンシャルプランナーに自分の状況を把握してもらったら多少の資産・資産の運用ができるということが判明したします。そこで前々からやりたかった不動産運用があった時にファイナンシャルプランナーに相談していれば本当にその不動産運用は自分に合っていたのかといったことも分かります。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット(2):資産相談すれば生涯の味方に

ファイナンシャルプランナーはあなたの味方になる。
例えばあなたが不動産に興味を持ち、ネットで調べたら不動産で成功している人やその道の専門家がたくさん出てくるでしょう。
しかしながら利害が一致しないことが多くあります。
というのもそのようなプロは自分が稼ぐことを第一としています。
具体的に言えばアパート会社の人間であれば、あなたにアパートを買ってもらうことを目的としています。
一方で私たちの目的は不動産投資で利益を得ることです。
互いの利害が一致することもありますが、あくまで相手はアパートを買ってもらいたいという目的のために動きます。これを忘れていると不利な契約を結ばされることもあるでしょう。その、ファイナンシャルプランナーは第三者的な立場でアパートを買うべきかどうかといったことを判断します。だからお金に関してのあなただけの味方になるのです。そうすれば無駄な出費や投資などは最小限で済みます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその(3:資産相談すれば時間節約)

勉強する時間を最小限に抑えることができる。
銀行や保険その他税制度などについて自分自身で考えたり調べたりするのはとても大変です。毎日遅くまで働いている人はなおさらそういった時間を割くことは難しいでしょう。もちろん主婦の方も子供の送り迎えや毎日の家事で時間追われる日々だと思います。
そのような限られた時間でもファイナンシャルプランナーに相談することでお金に関する確かな知識を得ることができます。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその(4):資産相談すれば便利な制度を利用!

世間ではたくさんの制度があります。そういった制度をうまく利用すれば支出を減らして今後の人生を楽にそして幸福に送ることができます。ただこういった制度や存在をそもそも知らない。どうやって活用すればいいかわからない。と言った人が大多数です。
ファイナンシャルプランナーに相談することでそういった知識を獲得できそして獲得した知識でまた自分なりに行動することはできます。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット(5):周りの人ににも資産相談にのってあげられる

大切な人から信用や信頼を得られる
ファイナンシャルプランナーに相談して実際に自分にメリットがあれば、それを大切な人にも教えてあげることでその人から信用や信頼を得られたり、その人自身が幸せになります。
家族がお金で困っていてもファイナンシャルプランナーの存在を知っていたりファイナンシャルプランナーに教えてもらった知識で不安を解決できればそれはとても人生において良いことになります。

 

ファイナンシャルプランナーへの資産相談は有料か?

ファイナンシャルプランナーへの相談は1時間、1000円だったり著名な方であれば1時間2万円以上するものもあります。ですが私がここで紹介するファイナンシャルプランナーは現在無料で相談承っています。

お金に関して今後活用したい希望があったり、お金に関して色々と不安なことがあればまずは無料相談から始めてそういった心のモヤモヤをなくし、充実した人生を送って欲しいと思っています。

『東大式FP』の無料相談がお金の強い味方になる!

相談するなら『東大式FP』が私はオススメです。
将来の生活設計や資産計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。
ここは全国各地でセミナーもやっていて顧客満足度は95%以上なんです!

現在は無料相談も開催中でやっています。
今何かお金について悩んでいたり、長期的な資産の運用を考えていたり、何か新しいことに挑戦しようと思っているなら、
お金のプロの東大式FPに無料相談することをオススメします。
下記ボタンリンクより申込ができます。(さらに現在はハーゲンダッツギフト券がついてくるキャンペーンを実施中です)

 

◆夫婦二人のマネープラン

経済的に最も安定するのが夫婦共稼ぎ世帯。将来に向けて様々なライフプランを考えることが出来ます。
夫婦二人の生活を充実させたい場合は、二人でかなえる夢を持ってみてはいかがでしょう。
海外旅行へでかけることや、高級自動車の購入も楽しみのひとつになりますが、資産形成につながることを検討してみてはいかがでしょう。
例えば、お気に入りの場所を探して別荘を建てる。そのために週末出かけ、物件を探すことも、楽しみの一つになります。これなら夫婦で過ごす充実した時間を手に入れながら、購入代金も資産として残すことができます。
資産作りを二人の楽しみにする。◆

 

◆子育て世帯のマネープラン

子供が生まれると、支出は年々増えるばかり。以後子育てが終わるまで支出が減ることはありません。
子供が生まれると、すぐに学資保険の契約を考える人がいます。でも本当に必要なのは保護者にかける死亡保障。独身時代から生命保険を見直していない場合は、すぐに再検討が必要です。
結婚直後からライフプランを考えてきたのであれば、子供が生まれても準備は万全。でも、実際のところそんな人はごくわずかです。大抵の家庭では、支出を切り詰めて対処します。
外食費、通信費などをどう節約するか。一つ一つは小さくても、まとまると大きなものです。細かく家計簿の見直しを行ってみましょう。
節約術を考えるときは「%」で考えましょう。金利に換算すると何パーセント得するか。常に意識することによって、預金金利をはるかに上回る利回りを達成できることでしょう。
どんなに切り詰めても、節約だけでは限界があります。そんなときには、最後の手段、転職という方法もあります。
長年積み上げてきた経験を、今こそ高く評価してもらうときかもしれません。30歳代はそれができる最適な年代です。
楽しんで節約する。
「家と教育」
住居費と教育費は家計の中でも大きな割合を占めます。
子供が出来て家が手狭になると、自然な成り行きで広い家が欲しくなりますが、住宅の購入は慎重に。子供一人の教育費で家が一軒建つと言われます。
また、住居を定めるとき、有力な公立学校がある地域かどうか、教育を重視するなら熟慮が必要です。賃貸物件、購入物件に関わらず、こどもが学校へ通い始めると、引越しは難しくなります。
周囲に適当な公立学校が無ければ、私立学校を選択するしかありません。私立学校の学費と家のローンを抱えることは、かなりの負担となります。子供が生まれる前には、ライフプランと併せて、住環境についてもよくよく考えることをお勧めします。◆

更新履歴